2017年07月19日

古事記 現代語譯 古事記(15)

「淡道之穂之狭別島(あはみちのほのさわけじま)といふは 烏うゆ(む声)と結ぶ言霊」(『霊界物語』6-5-28)と出ていますが、「烏うゆ(む声)」は「淡道之穂之狭別島」の霊返し( たまかえし、言霊を約めること。例:フジの霊返しはヒなり)ではなかろうか、というのが大本の方のご意見でした。「烏(う)」と次の「う」は表記が違うので、王仁三郎聖師によると、最初のウと2番目のウは、違うウなのだそうです。この部分は「淡道之穂之狭別島」と称えると、「ウウユ」となり、最後は「ム声」になりますというような、「・・・になる」「至る」というのが自然で、「結ぶ」に近い表現かと思っています、と教えて下さっています。

「天之武産合氣業」図と同じ言霊で示されているのは、「スーウウウウユ−ム 淡道之穂之狭別(あわじのほのさわけ)の行という」(『武産合氣』p.89)です。
⦿(ス)からウが生まれ、ウウウユームと、最期に結ぶ言霊(ム声)に至って、このムスビによって島々の生成(産み出し)が行われるところが武産合気の技の産み出しと同じなので、開祖が取り上げられているようです。これらの言霊の意味は詳しくは分かりませんが、次の部分が参考になるかと思います。
「大虚空一点のヽ(ホチ)あらはれて スの言霊は生れ出でたり ・・・ 主の神の初声(うぶごゑ)にあれし言霊は 宇迦須美の神のウ声なりけり ・・・ 一さいの真中にまして万物の  根本にますスの言霊よ ・・・ むしわかし結び連ぬる活動は ムの言霊の活用なりけり  穏かに強き弱きを引きならす 功(いさおし)はユ声の言霊なるも ・・・ ワ行ウの生言霊は生み生みて 生みの果しを守らす神なり」(『霊界物語』73-1-6)
「ウ列は森羅万象の結びに居り
(中略)
ムームームーム ム結びの神業の鳴り鳴りて 今生(あ)れまさむ国魂の神
ユーユーユーユ ユ白雪よりも清らけき 畏き御子の生れます今日(けふ)はも」(『霊界物語』75-2-8)

恐らく簡略化したものだと思いますが、合気道新聞 第90、98、99、104号には「ウーユームー」「すーうーゆーむー」「すーぅーゆーむ」と書かれている箇所があります。
「言霊と云うのは宇宙組織のひびきのことをいうのであります。スーウーユームー、これをホノサワケの島というのです」(『合気神髄』p.29)
「合気は和と統一に結んでいくのである。・・・これは艮(うしとら)の金神の神の御教(みおし)え、そして小戸の神業で、真人養成の道である。ホノサワケの島。天の浮島( ホノサワケの島)というのは・・・自ら巡るというのが天の、浮島の方は・・・二つのものが水火結んでいく、霊界も顕界も一つにする。(天のは)アオウエイという天の御柱(みはしら)、(浮島は)スーウーユームー(と水火の結び) 合気は気の仕組み、魄と魂、魄は宇宙組織の魂の糸筋を磨いていく、魂に神習うていく己れの岩戸開きである。・・・いつも我々は気を通して魂を磨く。そして太古の昔に舞い戻って太古から立て直しをする」(『合気神髄』pp.140-141)

「天之武産合氣業」図には、吉祥丸二代道主が次のような解説を付けられています。
「開祖は、合気道という武道がそのように、心性的にはもっぱら「言霊」により「業」となって産み出されるものと解し、『古事記』にいうところの産霊(むすび)の思想にもとづいて「武産(たけむす)あいき」と称することを好んだ。「天之武産合気業」図において「ホノサワケ」なる語が見えるが、これは『古事記』の国産みと関連する「穂狭別(穂之狭別)」の意であり、要するに産霊をさす。また「合気之母」と自称する語が見えるが、これも産霊を念頭においての謂(いい)であろう」(『植芝盛平生誕百年 合気道開祖』p.11)

愛の言霊「ス」によって結び(相手を腹中に吸収し)、一体となって導く業(技)を産み出すことを武産合気といい、それを「天之武産合氣業」図に示されたのだと思います。

「むすび」について、安岡正篤著『日本の伝統精神:この国はいかに進むべきか』に次のように説明されています。
『しからば神むすびの神の本質・使命というものはどういうものであるか、という事になりますると、これは深い神道上の「神ながらの道」の問題でありますが、かいつまんで申しますと、いうまでもなくこれは「むすびの精神、むすびの道」の一つの代表であります。
「ムスビ」とは糸ヘンのあの結びという字を書き、これを古典に徴(ちょう)しますると、「霊を生む、魂を生む、産霊(むすび)」という字を当てはめたり、これを具象化して、鳥の巣を太陽が暖かく照らして、そこに卵が孵化(ふか)する。「産(う)む」という字と、鳥の「巣」という字と、太陽の「日」という字とを並べて「産巣日(むすび)」とも書いてある。
それらによってもわかりまするように、創造(クリエーション)即ち生命を生み、いろいろの力や業を作り上げてゆく働き、これを「ムスビ」というのであります。
今日の科学によっても明らかでありますように、孤立単独では何物も生まれませぬ。原子と原子とが結びつかなければ(核融合)それは大きな力にはならない。核分裂の原子力もあるではないかと言いますが、これは分裂の奥に融合があるから、分裂の力にもなるのであります。融合統一のない分裂はないのであります。
人間も如何なる英雄、偉人でも単独ではお産ができませぬので、どうしてもやっぱり「縁結び」といって男女が結ばれぬというとお産にはなりませぬ。釈迦も講師も、キリストもみな結ばれて出来た人間であります。
その結び、即ちいろいろの力、生命、徳というものが組み合わさって、新しい力、生命、徳を生んでゆく。その創造を意味する所の「結び」に二種の作用がある。それが「高御産巣日(たかみむすび)」と「神産巣日(かみむすび)」であります』

破壊の武でなく創造の武になると、きっと相手(受け)は「ある時期、私は不思議なことに気がついた。先生に近寄ったとたん、自分の心と体が何か透明な感じになる。そして先生に触れると、それはよりはっきりして、まるで自分と先生の心と体の境の区別が、無くなったような感じとなるのである。それは先生の修行で得られた、対峙を超えた心から生じる大きな気の力が、我々を包み込んだのであろう」(多田宏先生の感想)という気持ちになると思います。

天神楽(あめのかぐら)は「淡路之穂之狭別の行」とも呼ばれていました。開祖は、この時に「スーウウウウユ−ム」と言霊を発しながら舞われたようです(http://blog.goo.ne.jp/takemusu_001/e/a58814cef881d3cce9cbb77e4f9f7ad5参照)。

昭和42年(1967)4月9日に開祖の演武を拝見した時、最初に見せられた技が正面打ち入身投げでした。その時、開祖は、「スーウ〜ウ〜ウ〜ウ」と抑揚のある気合(言霊)を発せられ、360°転換して相手を導かれてから投げられました。今になってやっと、「ムスビ」をお示しになられたのだと感じます。
posted by 八千代合気会 at 11:42| お勧めの本